京都初、末期がん在宅医療・在宅ホスピスの川村クリニック

末期がん、在宅医療・在宅ホスピスの川村クリニック

欧米には癌末期の方の静かな看取りのための 施設、 ホスピス が充実しています。 いまさら治療もないのに 病院に入院するしか ないのが日本の状況でしたが、 最近は緩和ケア病棟も全国に100以上できました。

病院で死ぬのは嫌だ、 最後まで住み慣れた自宅で療養したい と思っても、医者も看護師もなしでは無理です。

自宅でもちゃんと医療が受けられるように、 厚生労働省も在宅医療を推進しています。

欧米のホスピスも在宅が基本で、 在宅では無理な状態になって 初めて施設ホスピスに入るのだそうで、 どこの国の人もやはり自宅が一番良いと思うようです。